借金額は任意整理で減らせる【対応費用を調べてみよう】

記事リスト

司法書士に依頼

メンズ

弁護よりも安い料金

過払い金請求や任意整理をする際に、弁護士または司法書士に依頼することで手続きを代行してもらうことができます。費用はかかりますが、消費者金融から取引履歴を取り寄せてくれたり、過払い金の計算、書類の作成から郵送、交渉まですべて代行してもらえるので、法律事務所には初回の相談・打ち合わせと和解に至った時点だけでいいのです。何から何まで個人でやろうとすると、仕事を抱えている方は忙しくてなかなか手続きに費やす時間がなかったりで、和解がだいぶ先になってしまうこともあります。そこで、法律の専門家である司法書士や弁護士に依頼するのですが、どちらに依頼すればいいのかとなります。何が違うのかというと取り扱うことができる債権の金額です。司法書士は140万円以下の債権しか代理交渉権がありませんが、弁護士であれば上限はないです。また、当初任意整理の検討をしていたが、この手続きでは減額できても借金完済までは難しい、個人再生や自己破産も検討するとなると司法書士はこれらの手続きに代理交渉権がないので、弁護士にお願いしてくださいとなります。そうなると司法書士の費用だけでなく弁護士費用もかかることになります。それだと費用が無駄になりますので、任意整理をしたいのであれば、まず無料診断や初回相談無料の法律事務所へ行き、解決方法を相談することです。任意整理をするなら、弁護士に依頼するよりも司法書士が料金が安い傾向にあります。