借金額は任意整理で減らせる【対応費用を調べてみよう】

記事リスト

弁護士依頼でかかるお金

説明

依頼事務所によって差が

任意整理で債務整理を検討している場合、選ぶ事務所によって費用は異なってきます。任意整理でかかる費用としては、着手金、基本報酬、減額報酬などがあります。着手金とは、任意整理を依頼するにあたり最初に支払うお金です。着手する債権の数だけかかるので、複数の金融機関からお金を借りている方は1社ずつ着手金が積みあがっていきます。ただし、任意なので着手してもらう金融機関を自由に選択できます。法律事務所によっては着手金なしのところもあります。そして、基本報酬です。手続きするとなったら、書類の作成や送付、債権者との交渉、裁判所への出廷などがあります。費用は1社あたり4万円〜5万円が相場です。減額報酬とは、減額成功したことで支払う費用です。減額された金額に対して10%が相場で高い法律事務所では20%かかる事務所もありますが、0%のところもあります。ここ近年では、減額報酬を請求する法律事務所は少なくなってきています。減額報酬を請求する法律事務所はビジネス目的で行っている面が強いため、なるべくなら0%高くても10%の法律事務所を選ぶとよいです。かかる主な費用としては以上なのですが、法律事務所によっては基本報酬や着手金が一見安い、減額報酬が0%であるといってもその他の費用として通信費や出張面談料、訴訟手数料、日当といった名目で費用を徴収する事務所もあります。ホームページなどで料金体系をしっかり確認してから選ぶことです。